独立・起業演習 〜零細企業の作り方〜 » 独立・起業の形態

どのように起業するか

これから会社を設立するのなら、株式会社か合同会社のどちらかということになると思われます。

一方で、個人事業(自由業、フリーランス)として事業活動を行うこともひとつの選択肢です。

手軽かどうか、かかるお金がどれくらいか、といったあたりも重要ですが、家庭を持たれている場合ですと、世間が受ける印象も考慮して決められるとよいかもしれません。

特に個人事業については、そういった方面に疎い人々の中には、自由業(フリーランス)とフリーターとの違いを把握されておられない場合がありますので、ご留意ください。

もちろん、個人事業で始めておいて、いずれ会社にというような手法(いわゆる法人成り)や、合同会社から株式会社へと改組することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。