独立・起業演習 〜零細企業の作り方〜 » 事業選択

事業の選択

 事業として何を行うかは、慎重に検討する必要があります。
 すでに副業として軌道に乗っていて、その事業を起業の中心に据えるのなら、あまり心配することはありません。
 ですが、新たに始める事業の場合、儲けがどれくらいになるか、コストがどれくらいかかるかは、なかなかに予想はむずかしいものとなります。
 事前に立てた事業計画を後から見返すと、まったく甘い想定だった、というのは、残念ながらよくある話となります。筆者の場合も、当初想定していた事業は恥ずかしながらまったくの空振りで、現在の主力事業はバックアップとして想定していたものでした。
 どれだけ盤石に思える事業計画が立てられたとしても、できればサブ扱いの事業を二つ三つ考えておいた方がよいかもしれません。

 また、いわゆる出口戦略についても、大成功の場合はゆっくり考えればよいのでしょうけれど、停滞してしまったり、傷口が広がっていくケースに陥った場合の撤退手法は、検討しておくとよいと思います。杞憂に終われば、笑い話にできますし。

 次節以降で、よりくわしく触れていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。