独立・起業演習 〜零細企業の作り方〜 » 独立・起業の形態

個人事業か会社形式か

いきなり破綻するケースを持ち出して恐縮ですが、負債を抱えて事業が存続できなくなった場合、会社が倒れるだけなのが有限責任、個人の財産までも取られてしまうのが無限責任ということになります。

(とはいえ、中小企業の場合、金融機関から借り入れする際には、経営者個人が連帯保証人となることが多いでしょうから、必ずその通りに済むというわけではありませんけれど)

個人事業主は無限責任となりますが、そこまで抜き差しならない状態に至るほどの事業を個人事業で行うケースは、なかなかないかもしれません。

会社方式とフリーランスとでは、前節の繰り返しになりますが、スタートの際の手間と、かかる費用がまず違います。それと、下世話な話ではありますが、周りの見る目ががらっと変わる場合もあります。(本質的な話では、まったくありませんが……)

一方で、個人事業主でも人を雇うことは普通にできますので、軌道に乗るまで個人事業主として活動し、安定して来たら法人化する(いわゆる法人成り)という選択肢もあります。特に飲食店などでは、このような形が多いそうです。

会社を設立する場合には、有限責任となる形態として、株式会社と合同会社が挙げられます。

※合名会社、合資会社は、旧会社法の時代に、株式会社は1000万円、有限会社は300万円という資本金が必要だったことや、役員の人数、監査役の設置などハードルが高かったのに対し、無限責任ではあるものの比較的たやすく設立できる、という存在だったので、株式会社が1円から設立でき、一人会社も可能という現状では、あまりメリットがなくなっているものと思われます。ただ、昨今では希少性があるだけに目立てるという点や、あるいはなにかの利用価値が見直され、選択されるケースもあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。