独立・起業演習 〜零細企業の作り方〜 » 独立・起業の形態

株式会社か合同会社か

 株式会社は、資本と経営の分離が原則の企業形態となっています。(ただし、経営者が全株式を持っていれば、事実上の一体化は可能です。筆者の起こした会社は、今のところこの形式です)
 合同会社は、出資者が意思決定者となる、資本と経営がある意味で一致した企業形態で、設立費用や手続き面において、株式会社よりも手軽な点がいくつかあります。
 スタートアップが手軽である点が着目されて、合同会社を設立するケースが増えているようです。長く存続して、代替わりするようなケースではややこしくなることもあるかもしれませんが、株式会社への移行も出資者間で合意が取れさえすれば可能ですので、まずは合同会社から、という選択もありえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。