独立・起業演習 〜零細企業の作り方〜 » 出口戦略・事業承継

起業の出口戦略・成功・中立状態の場合

・成功、中立状態の場合 ……事業承継、事業売却等
 事業は順調だけれど、上場というほどではない。あるいは、いい時期もあれば悪い時期もあってトータルではとんとん程度だけれど、従業員に給料は払えている、という状態で、そろそろリタイアしたいと考える時機が訪れた場合です。
 息子さん、娘さんや、あるいは従業員、役員のだれかでも、後継者にしたいと思える相手がいらっしゃるのなら、事業承継をどうやっていくか、考える必要があります。
 合同会社については、社員(出資者)全員で考えていく形になりますが、それぞれ引退したいと考えるタイミングは異なるでしょうから、前もって相談しておく形がよろしいでしょう。
 株式会社の場合、株主としての所有と経営とは異なりますので、経営は後継者に譲り渡して、株式の過半は自分で所有するという選択肢もあります。
 ただ、いずれはご自身が亡くなられるときが訪れるわけで、その際に株式を保有したままですと、相続によって配偶者や親族にわたることになります。会社の資産額が大きい場合は、相続の際に多額の相続税がかかり、相続人に思わぬ負担が生じてしまい、人手に渡す羽目に陥るケースも考えられます。
 できることなら、そうならないように、事前に株式の移行を済ませておかれますと、二代目、三代目以降の継承者らが株主対応で苦労することを防げるものと思います。
 後継者が見つからない場合、自らの手で解散するというのも一つの考え方ですが、従業員がいる場合には、なかなか取りづらい選択となります。そのようなケースでは、会社丸ごと、あるいは手掛けている事業ごとに、従業員も含めて売却するという考え方もあります。
 売却先は、同業者でもよいでしょうし、最近ではそのような小規模M&Aを手掛ける業者さんもいらっしゃるので、探して相談されてみるのもよいかもしれません。その事業と相乗効果がある業種の企業や、手掛けている地域に進出を目論む、他の地域の同業者といった買い手が見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。