独立・起業演習 〜零細企業の作り方〜 » 出口戦略・事業承継

起業の出口戦略・破綻に陥る場合

・破綻に陥る場合 ……会社倒産
 回避したい状態ですが、どうにもならず、ハードランディングに陥ることもあるかと思われます。
 どうにもならなくなりましたら、夜逃げや自殺などを考えられるよりも、倒産手続きをされるのがよろしいかと思います。そのような場合、経営者が連帯保証をしていれば、債務は残ってしまいます。なお、個人の債務については、自己破産という選択肢もあります。
 自己破産してしまうと、持ち家などの個人資産も失ってしまいますが、身ぐるみはがされるわけではなく、また、就職やパートタイムの仕事などをすることもでき、さらには会社を新たに作ることも可能です。
 ただ、こちらについては、すみません、筆者は経験したことがありませんので、専門のサイトをご覧になることをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。