経理について(個人事業)

 個人事業ということは、個人の範疇で事業を行う形ですので、個人の確定申告として申告する形となります。
 家計との切り分けとしましては、事業資金として管理する必要はありますが、事業主貸・事業主借という形での「出し入れ」に制限がありませんので、さほど気にされなくてもよいかもしれません。
 経理につきましては、まず、青色申告か白色申告かを選択する必要があります。白色の場合は簡素な経理でかまわないのですが、青色の場合には、まとまった額の控除が受けられる代わりに、きっちりとした経理をする必要があります。
 経理と聞くと、アレルギー反応を起こされる方もいらっしゃるかもしれませんが、税理士さんに依頼したり、経理専任スタッフを置いたりすると、大きくコストが変わってきます。
 ご自身かお身内で対応されると、メリットは大きそうです。一方で、余裕がある状況だったり、どうにも回避されたい場合には、専門要員を確保するのももちろん選択肢となります。

 業務ソフトの弥生では、個人事業向けソフトとして「弥生の青色申告」というシリーズが設定されています。
 そちらでは、無料体験版も用意されているそうです。

 弥生の青色申告・無料体験版:
 まずはお試し!弥生シリーズ無料体験版ダウンロードはこちら

 弥生の青色申告・製品版(アマゾン):
 アマゾンでの弥生の青色申告検索結果
 

経理について(法人)

 記帳を自前で行うか、税理士さんにお願いするかがひとつの分かれ道となります。
 経理と聞くと、アレルギー反応を起こされる方もいらっしゃるかもしれませんが、スモールスタート的な形を取られる場合、税理士さんに依頼したり、経理専任スタッフを置いたりすると、大きく費用構造が変わってきます。ご自身か、創業メンバーのだれかで対応できるのなら、それに越したことはないでしょう。

 なお、税理士事務所によっては、税理士さんが使っている会計ソフトと連携が取れるソフトを提供してくれるところもあるようです。一般に認知されている会計ソフトは、弥生会計や勘定奉行になるかと思われますが、会計事務所側からすると「会計大将」などが、連動性の関係などから使いやすい場合もあるとのことです。
 また、税務面については、創業時点(税務署に各種書類を提出する際)にいろいろと決めごとがありますので、創業前に税理士さんに相談されることをおすすめいたします。
 ちなみに、本格的なスモールスタートの場合は(筆者はそうでしたが)、諸々の手続きを自前で行い、決算対応だけを税理士さんに依頼するという形式もあります。その場合ですと、10万円程度から対応してくれるところがあるかもしれません。

 通常は顧問+決算対応で、月額3万円に決算対応がいくらか、というあたりが相場になりましょうか。ただ、このあたりの料金もネットで安いところを探せば、びっくりするような料金のところもありますので、いろいろと見てみるのもよいでしょう。
 受注ビジネスの場合には、税理士さんと良好な関係を築くと、その人脈で取引先獲得につながるケースもあるかもしれません。

 有名どころの弥生さんでは、無料体験版の提供もしているそうです。
 弥生業務ソフト・無料体験版:

 弥生会計(製品版)@アマゾン